Titovの憂鬱

最近ドール沼です
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カニ | main | サラリーマンNEO >>

クジラ食わせろっ!!!

IWC総会 日本、脱退や新機関設立を示唆

 米アラスカ州アンカレジで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会で、日本代表団は最終日の5月31日、日本の沿岸捕鯨再開が受け入れられないとして、IWCからの脱退や、新しいクジラ資源管理機関の設立に向けて準備を始める可能性を表明した。

 日本は同日午後の総会で、和歌山・太地など4地域で行うミンククジラの沿岸捕鯨の捕獲枠設定に向けた決議を提案したが、米国やニュージーランドなどから反対が相次ぎ、合意形成の可能性がなくなった。これを受け、水産庁の中前明・次長が「資源管理機関としての役割を取り戻す最後の機会を失った。忍耐も限界だ」と強い口調で反捕鯨国を非難。IWCからの脱退や沿岸捕鯨の再開の可能性を表明した。

 特に新機関設立については「準備会合の開催に大きな関心がある」とした。2009年の年次総会を誘致していた中田宏横浜市長も辞退を表明した。

 総会はまた、1986年から実施されている商業捕鯨の一時禁止(モラトリアム)を支持する内容の決議を賛成37、反対4、棄権4の賛成多数で採択、閉幕した。日本を含む捕鯨支持国26カ国は投票に参加しなかった。

 昨年は日本など捕鯨支持国が提案した「モラトリアムはもはや必要ない」とした総会宣言が1票差で採択されたが、反捕鯨国が巻き返した。

 採択されたのは、絶滅の恐れのある野生生物の国際取引に関するワシントン条約に関する決議で、「モラトリアムは引き続き有効で、存在理由にも根拠がある」との文言がある。

 前回総会の議長国で捕鯨支持国のセントクリストファー・ネビスは「過去の宣言を無効にするような決議は、IWCをさらに分断することになる」などと反発した。

(H19/06/01 産経新聞)


IWCでの日本って言うべきことをちゃんと言っているんですよね、本当に。外務省に見習わせたいくらいです、マジで。

今のIWCって鯨資源の有効活用、なんて考えがカケラも感じられないのは確かですし、アメリカなどの反捕鯨国の姿勢はダブルスタンダードも甚だしいので存在意味はないと思います。
現状、獲れるだけの数量のクジラはいるわけだし他の生物とクジラを知的云々で分けるという考え方なんて相手にする必要ないでしょうからここで脱退や新団体の設立等の可能性を明言しておいたのはとてもいいことだと思います。
今後もこの調子で頑張って欲しいものです。

こういうことあるとクジラを食べたくなる私。どっかで注文しようかな、それとも食べに行こうかしら?

クジラと日本人―食べてこそ共存できる人間と海の関係
小松 正之
4413040163


時事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
チトフの本棚
Ajax Amazon
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    チトフ (05/12)
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    初心者 (12/17)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS