Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    太田巡査 (08/10)
  • ウォーターマンメトロポリタン シルキーブラックCT + ジェットストリーム
    チトフ (07/21)

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

時事

アグネスが横浜市民から搾取をするようです

横浜市民の私は真っ先に被害に遭う予定。

アグネス・チャン「アフリカの子供たちの為に飲食店の無料の飲料水に寄付を」…寄付金は100円以上が目安

レストランやカフェで出される無料の飲料水に寄付をして、水や衛生事情に課題を抱える国の改善事業に役立てる活動「TAP(タップ)YOKOHAMA」が、23日から8月31日までの40日間、横浜市内の約300店で始まる。食事のひとときの幸せな気分を、少しの寄付に代えてほしいとの思いが込められている。横浜青年会議所の主催、横浜市水道局、日本ユニセフ協会の共催。国内では東京に続き2都市目。

日本ユニセフ協会によると、世界で1日に4千人の子どもたちが水や衛生環境が原因で亡くなっているという。今回、東京のプロジェクト(3月)で集まった500万円超と合わせ、1千万円を目標に、集まった寄付金でユニセフを通じ、アフリカのマダガスカルの学校13校に給水設備やトイレなどを整備する。

14日に横浜市内で開かれた会見には、横浜青年会議所の徳増栄治理事長や中田宏市長、日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンさんらが出席。アグネスさんはアフリカの現状に触れ、「水は子どもの将来や命に大きくかかわる」と述べた。

寄付金は100円以上が目安。テーブルに配られるプロジェクトを説明したカードの上に置いていくか、店内の募金箱に入れていく仕組み。


だが断るっ!!

弁当の値段が300円切る時代に100円の募金圧力かけるとか、日本人舐めてるの?
アグネス基準だと"少しの寄付"らしいが、お前さんの財布と一緒にしないで欲しいです。

それに何故「100円以上を目安」?
寄付したい金額は個々の事情で決めればいい問題でしょうに。
あちら側としてみれば“カード作ってるし最低でもその分は回収しないと”と思って、その金額出したのかもしれませんが、そういう事情はこっちで斟酌して募金額決めますって。
それを頭ごなしに金額言われたら気分悪くなります。“食事の一時の幸せな気分”ぶち壊し。

カードをわざわざテーブルの上において募金を迫るという手口も嫌です。
これって
カード置いたんだから当然寄付するんだよな?なっ?
っていう圧力に感じてしまいます、私は。
そこで断ったら「お前は薄情者だな」って思われそうですよね。

私は無視するんですが。どうせ薄情者デスヨ(^^;

それ以前に寄付の類をするなら、海外より自国の人向けにやっているところに入れる。
その場合だと社会鍋とか私の知り合いの牧師に預けた方が信用できるので、やるとしたらそっちです。
あぁ間違っても汐留には入れません(笑)

まぁ何にしても、記事の運動には一切協力する気なぞありません。

JUGEMテーマ:ニュース


  • 2009.07.16 Thursday
  • 01:57

-

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • 01:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback