Titovの憂鬱

最近ドール沼です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< ちょっと懐かしいなぁ | main | 「じみんの日び」シリーズ新作 >>

フィギュアNHK杯 NHKの気合の入り方がおかしい

フィギュアはNHK杯なんてものが開催中ですが、かなりまともな放送をしていただいて一フィギュアファンとしては非常にありがたいです。

民放みたいに日本人と一部の韓国人だけフィーチャして、ほかの外国人選手の演技は、表彰台に上がる選手のもカットなんてことはしませんしね(笑)
解説もちゃんと聞きましたよ♪
他のチャンネルで見ざるを得ないときは、切ってますけど。

あと男子の演技が好きな私としては、
男子の演技を、ちゃんと時間とって放送してくれるのも有難いっす。
今回はジュベールやウィアーのSPの演技がかなりよかっただけに、それをブラウン管でじっくり見られてよかったです。

ジュベール、マジ頑張れ!!

それはいいのですが、それ以上にすごいのが今年のNHK杯のHP
http://www.nhk.or.jp/figure2009/

ぱっと見は普通のHPですが、
http://www9.nhk.or.jp/figure2/
がかなり親切設計。

TOPページ右下から入れる動画ページですが、開催期間内であれば主要な選手の演技が見られます。
それだけでもとても有難いのだが、各選手の画像をクリックして動画を立ち上げると横になにやら技名が書かれたボタンらしきもの。

それをポチッと押すと、その選手が該当する技を行う瞬間に飛べます。

テレビではどういう技をやったのかよく分からなかった!
そんな時でも、そのボタンをポチッとな、すればその技がすぐ見られる訳ですよ、奥さん!!

これを使えば、技の特徴とか各選手の技の正確性などをじっくり何度も見ることが可能。
フィギュアの技をじっくり勉強したい方には、いい教材になるな〜、と感心させられました^^
オンデマンドでもやって欲しいが、どうなのだろうか?

こういう技術の使い方は面白いですね。特別難しい技術でもないのだろうが、こういった場でどんどん実験を重ねていって、オリンピックやその後の大会での配信に活かして欲しい。

NHKのこういうところは好きですわ。
時事 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
チトフの本棚
Ajax Amazon
RECENT COMMENTS
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    チトフ (05/12)
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    初心者 (12/17)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS