Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    チトフ (05/12)
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    初心者 (12/17)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.05.12 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ペン習字&万年筆

パイロットペン習字講座を受講してから1年+α… #penji

昨年の6月からパイロットのペン習字講座でペン字の勉強を初めてから1年が経過します。
以下やってみての感想等とこれから始める人へ

1年やってみての率直な印象は
1.字は上手くなったのは確か
2.清書は1年前のものと比べたらうまくはなっているが、格段の進歩とまではいえない
3.普段の字は確実に上手くなった。綺麗に書こうと意識しなくてもそれなりの字は書けるように。
4.筆圧は確実に落ちた。ボールペンをたまに使うと字が薄くなる&インクの出が悪くてイラッとくるw
5.手書きが億劫じゃなくなって筆まめに

こんなところでしょうかw
ちなみにこの講座は基本的に万年筆、デスクペンで練習することが前提となっています。

練習時間ですが、
私の場合は基本的に毎日、1日30分チョットくらいをペン習字に費やしています。
やり方としてはあんまりガチガチに計画は立てないで、講座が今月学ぶところと言っているところを前からじっくりこなす。あとは苦手な字形は個別でやる、という感じです。

級は、
初めは9級A、2ヵ月後に8B昇級、そこから5ヶ月で8A、4月後7B←イマココ

硬筆検定で考えると4級と3級の間みたいです。
http://www.pilot.co.jp/penmanship/test/index.html

ペン字始めた頃は「1年で5級まで行きたいなー」と思っていましたが級位認定結構シビアなのね、ということを痛感w
元の字がひどかっただけですけど。

ペン字の効果としては上記に挙げたとおりです。
個人的には普段書いている文字が「象形文字一歩手前」から「人様がそれなりに読める字」にはなったので、効果はあったなーと実感してます。
ただその字が一般的に見て上手いのか?と言われると正直疑問。級も7級Bなのでまだまだなんだろうなー、とも。
今書いている字をうpすればいいのでしょうが、正直人にお見せ出来るものではないので勘弁w

筆圧に関しては本当に落ちましたね。
万年筆の場合は筆圧かけなくてもサラサラ書ける、というか筆圧かけ過ぎるとペン先を痛めるので矯正にはいいかもですw
ちなみに昔はボールペンのペン先のボールを飛ばす程度の筆圧してましたw

個人的に一番の効果は字を書くのに慣れたこと。
以前は極力PCで書いてました。3行以上のものはPCで書くものでしょ?みたいなw
ただペン字やるようになってから、そのあたりの抵抗はかなりなくなったので大抵のものは手書きで書くようになりました。幸い、漢字はペン字の練習でそれなりに書けるようになっているので(笑)そのあたりは抵抗なく。

という訳でペン字を1年間やってみてかなりの収穫があったので来年以後もこの講座を続けますが、来年に向けての課題も。
・字配りが下手。罫線に対して全体的に大きい。
・線がヘロる。清書の時は特に線が波打つw
・字を書くことありきで、見本をじっくり見ないでいきなり書き始める多い
・万年筆欲しい病が悪化する


このあたりがこれからの課題。
対処方法はこれから調査しますw

・これからパイロットペン習字講座を始める人へ
 この講座って初めてからしばらくは独特のシステム等に「?」ってなることが多いので、私が「?」って思ったこと等について
・課題をポストに投函してから、採点されて返却されるまで2〜3週間はかかります。全体的に他の通信講座と比べてゆっくり、なのでそういうものという前提でいた方がいいと思います。

・提出する課題はEFまたはFで書く。パイロットの事務局へ使う万年筆の太さについて聞いたらそのような回答をいただきました。ちなみにFM(中細)だと“太い”そうです。もちろんパイロット基準のペン先での話です。

・インクは黒またはブルーブラックで。硬筆検定や添削を考えるとその色で書いた方が字の印象としてもよい、とのこと。上記のペン先の種類についても同様の考え方。

・一部の文字が途中で字が見えなくなっているもの(「かな編」のP16“ね”など)があるが、印刷の問題ではなくそういう見本。見本通り書くことが難しい場合は実線で書いてもいいが、力を抜くことを意識してやって欲しい。

・テキスト等で分からないことがあったら、電話をすれば答えてくれる。

・通信欄は「わかくさ通信」に載るような感想を書いてもいいし、疑問等を書いても。先生からコメントがつくかつかないかは添削の先生しだいw
他は練習用紙を請求する場合等の純粋な事務局との連絡に。

・採点は先生が変わってもあんまり点数のつけ方に差はない。添削コメントは先生によって差があり。

・採点や級位認定は自体は結構シビアw


…こんなもんかな?
何かあったらツイッターの #penji タグで疑問書けば誰か答えてくれますw
あー、ツイッターなどで練習した内容とか疑問を定期的につぶやいておけば、通信講座全般の悩みである「飽きる・だれる・やる気がなくなる」の対策にはそこそこなる気がします(笑)

パイロット 万年筆インキ 70ml ブラック INK-70-B
パイロット 売り上げランキング: 5004


万年筆カスタム74 透明軸 細字(F) FKK-1MR-NCF
パイロット 売り上げランキング: 10117


  • 2011.05.28 Saturday
  • 13:46

-

スポンサーサイト

  • 2019.05.12 Sunday
  • 13:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback