Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    太田巡査 (08/10)
  • ウォーターマンメトロポリタン シルキーブラックCT + ジェットストリーム
    チトフ (07/21)

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ペン習字&万年筆

来年の手帳を買いました(レイメイ藤井 nofesダイアリー)

10月ですが来年に向けて手帳を購入


レイメイ藤井のnofesダイアリー B6サイズでバーチカル。
色は表はキャメル(´Д`)ハァ…

裏は花柄…


と見せかけて


表にもなります!!(笑)

リバーシブルw
気分転換にはいいかもしれませんね。自分はしませんが。

ちなみに手帳を選ぶときに重視したのは
1.あまり地味すぎないヤツ
2.バーチカルで書ける時間帯の多いもの。日曜も他の曜日と同じおおきさであること
3.万年筆で裏抜けしにくいもの

1.は割とあります。女性向けのものが多いですがまぁ。ただ国産のものは何故か表紙に
 2012
って太字で金色の文字入れているのが多くて辟易しましたが(^^;;

2.バーチカルだけならそこそこ。ただ表紙が綺麗なやつだと途端に少なく。更に時間軸が8〜20時で上から下までピッチリだったろ日曜の欄が他の半分だったりと。
時間軸部分については上下で余白があればそこに加工、と途中から妥協しましたw


3.基本的には書いてみないと分からないのでブランド等で判断せざるを得なかったです。ただ裏抜けについてはレビューで掲載されていることが多いのでそこはありがたい。

そして紆余曲折の結果、コレを選びました。
1.は見たまんまクリア
2.時間軸自体は8〜ですが上下に余白があるので軸にないものはそこで対応。6時台から書いてますw

3.自分の筆記具では問題なし
以下のとおりです。

上から
・プラチナF+モンブランブルーブラック
・セーラーレグラスF+青墨
・パイロットキャップレス+パイロットブルーブラック
・パーカーソネットF+ペリカンブルー


裏から見ると
…わかりますかね?

ソネットが多少裏から透けている感が。あとパイロット。他は問題ないですね。
全体的にかなりゆっくり書いてインクが乗るようにしての結果なのでこれで十分かな、と。抜けてはないですし。

ちなみにこの手帳2011年10月始まりなのでもう切り替えて使ってますが、紙質もよくていいですね。
あと表紙の差込部分がポケットとして使えるのですがすぐにモノを差し込めるのでかなり重宝してます。めんどくさがり屋にはいい仕様w

あえて欠点を上げるとすれば手帳のペンを刺す部分。
ペン差しから抜くときに途中で引っかかることが。
縫い目が段差に引っかかるようで、抜くときにもたつくことがあります。

あとはハンディガイド

主要都市の路線図等が載っていてそれは使えるのですが、

これ要ります?
そこまでは必要ないだろ、という気がします。
他のページも個人によりますが別にいらんだろ、というものが多いような。

それ以外の部分はとてもいいのでこれで予定をしっかり管理していきたいと思います。


  • 2011.10.22 Saturday
  • 22:17

-

スポンサーサイト

  • 2016.07.17 Sunday
  • 22:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback