Titovの憂鬱

最近ドール沼です
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

透明プロフェッショナルギア+21K・EFニブ #bungu

先日、新しい万年筆を購入しました。
セーラー万年筆の透明プロフェッショナルギア。ニブはEFの21Kです。



すごく…透明です…
とにかく細い線が書ける国産が欲しかったので、今回はセーラーを選びました。
買った場所は日本橋の高島屋。ツイッターでセーラーショップ 日本橋高島屋店をフォローしていることと、私の細字の趣味をツイッター等で伝えてあったので細字を選ぶのにいいかな、と思ってそちらで購入することとしました。

希望としては、
・とにかく細いこと
・ニブに関しては、結構銀色(ロジウム)のニブを持っているのでちょっとそれは避けたいな、と思ってバイカラー
・出来れば軸の見た目もこだわりたい

こんなところ。
そして買ったのが上記のものですが、要望に合わせて色々と取り置きなどしていただきました。

割とフローが絞られている個体を多く出していただきました。万年筆好きな方だとフローが潤沢なものを好むようですが、私はシャキッとした字になるペンを好むのでフローは渋めの方が。

ちなみに今回買ったものはフローが渋いことに定評のあるプラチナEFとタメを張れる位細いですw
とは言いながら実用上はちょうどいいフローで極細としてはとても使いやすいです。

ちなみにニブは

…写真としては微妙なのですが、銀ベースのコンビネーション。金の部分がいいアクセントになってます。

あと個人的に気に入っているのは

首軸のリング。
このあたりが通常のプロギアと差別化が図られていて押しが強い感じ^^

なお、透明だとインクは薄い色入れてその様子を楽しむのがセオリーなのですが、EFで薄い色のインク入れると最悪字が見えないので(!?)普通の色を入れてます。青系の「摩耶ラピス」
インクの入っている部分は全く透けませんが、タンクの中の空気の部分はインクの付いた跡の青い色が結構ステキだったりします。

例によって分かりにくいですけどw

今回は通常の染料インクですが、今度は顔料系も挑戦しようかな、と。

字の細さですが

上から
・プラチナのEF
・セーラープロギア21K EF(今回買った物)
・セーラープロギアスリム14K EF
・パーカーソネット F

ちなみに1マス5mm
ソネットはともかくとして、上二つの細さは絶品です。
三番目とパッと見違いが分かりにくいですが、画数の多い感じだと字がつぶれ気味になってくる可能性があります。
上二つはその心配なし。

書き味は21Kって結構独特だなー、と今のところ感じてます。
軟らかいんですが、弾力というか粘りのあるような書き味。セーラーの14Kと別物という感覚で使わないとなぁ、とは感じてます。

慎重に実店舗で検討した結果、とても満足度の高いEFが手に入ったのでガンガン使っていきたいと思います。

-------------------------------
セーラー万年筆 ジェントルインク ナノインク リザーバー付 青墨
ペン習字&万年筆 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

細字原理主義

ざっと手持ちを並べてみたら極細の万年筆ばっかりだったw
上から体感的に太い描線のペンを並べています。

1.MFグループ

ペリカン M800(EF)
ソネット(F)

2.Fグループ

シェーファー 444XG(F)
ウォーターマン カレン(F)
パイロット カスタム74(F)
ラミー サファリ(EF)

3.EFグループその1

プラチナ #3776(細軟)
プラチナ BONITA(F)
セーラー プロフェッショナルギアスリム(EF)

4.EFグループその2

・無印軸+パイロットペン習字ペンEFニブ
・アウロラ オプティマ(EF)
・プラチナ デスクペン(EF)

…極細偏重もいいところw
Fグループのシェーファーはやや太めではあるが。MFとFの間くらいw
万年筆使わない方から見ると「こんなに持ってどうするの?腕2本でしょ?」なのでしょうし、万年筆好きな方からすれば「太めもよいのよ?ぬらぬら楽しいよ」っていう感じなのかなー?と。

個人的には2.でも太いなぁ〜、と感じながら使ってたりしますw
普通のノートに書く分には2.でも字がつぶれることもなく書けますが、好きな字の形にあまりならないので大きめに書けるときか横文字のときに使いたいのが正直なところ。
F位だと何となく字が丸くなるのがもう一つ好きになりきれない理由。
ただFグループはインクを選べば“細めのF”位になるのは有難いですね。そのインク選びが大変ですけど。
私は、ペリカンの黒とブルー、ウォーターマンのハバナをより細く書きたいときに利用していますが、他にいいのがあれば試してみたいです。ラミーのBB以外だとなんになるんでしょうね?
ちなみにカレンさんのゴツゴツ感は私の中で非常にポイントが高いですw

そこにいくとEFは割とピシッとした字をかけるのが好きです。あと少し紙との抵抗感が感じられるところも。
そういう嗜好なのでEFばかりなのですが、EFの中でもフローはやや渋めを好みます。フローが多いと字がぼやける&太めになるのはあまり… 書き心地はいいんだけど。

軸は見た目は派手目な方がいいですw 重量はリアヘビーじゃなければこだわらない。キャップはうしろにつける。あとは基本ガチニブ好き

総合すると
フロー渋め+極細+派手軸 = 
オプティマさんマジ天使!!

…w

サリサリの書き味も大好きです(笑)
あとはプラチナとかセーラーも。
パイロットはちょっとフローが多めだなー、って感じなのであんまり縁がない。パイロットはペン習字講座でお世話になっているのにw

1.のMFグループは使う場が限定されるのはチョット厳しいところ。ソネットはバランスだったりペン先の感覚が好きなので、使える状況のときは割と好んで使います。M800は不遇。

EFグループだと一番好きなのはオプティマですが、その日の気分で使いたい万年筆は変わってきます。セーラーはインク入れっぱなしで外出用に使ってますし、プラチナ勢はペン習字等で活躍。

ただこの位揃えてくると何となく満足してきていたりはするので、しばらくは買わないでおこうかなーとは思っています。というか各グループで1〜2あればいいような気も?
せいぜいエラボーのSEFを試したいくらいで。

うまくローテーションさせて色々使っていきたいです。
ペン習字&万年筆 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

パイロットペン習字講座を受講してから1年+α… #penji

昨年の6月からパイロットのペン習字講座でペン字の勉強を初めてから1年が経過します。
以下やってみての感想等とこれから始める人へ

1年やってみての率直な印象は
1.字は上手くなったのは確か
2.清書は1年前のものと比べたらうまくはなっているが、格段の進歩とまではいえない
3.普段の字は確実に上手くなった。綺麗に書こうと意識しなくてもそれなりの字は書けるように。
4.筆圧は確実に落ちた。ボールペンをたまに使うと字が薄くなる&インクの出が悪くてイラッとくるw
5.手書きが億劫じゃなくなって筆まめに

こんなところでしょうかw
ちなみにこの講座は基本的に万年筆、デスクペンで練習することが前提となっています。

練習時間ですが、
私の場合は基本的に毎日、1日30分チョットくらいをペン習字に費やしています。
やり方としてはあんまりガチガチに計画は立てないで、講座が今月学ぶところと言っているところを前からじっくりこなす。あとは苦手な字形は個別でやる、という感じです。

級は、
初めは9級A、2ヵ月後に8B昇級、そこから5ヶ月で8A、4月後7B←イマココ

硬筆検定で考えると4級と3級の間みたいです。
http://www.pilot.co.jp/penmanship/test/index.html

ペン字始めた頃は「1年で5級まで行きたいなー」と思っていましたが級位認定結構シビアなのね、ということを痛感w
元の字がひどかっただけですけど。

ペン字の効果としては上記に挙げたとおりです。
個人的には普段書いている文字が「象形文字一歩手前」から「人様がそれなりに読める字」にはなったので、効果はあったなーと実感してます。
ただその字が一般的に見て上手いのか?と言われると正直疑問。級も7級Bなのでまだまだなんだろうなー、とも。
今書いている字をうpすればいいのでしょうが、正直人にお見せ出来るものではないので勘弁w

筆圧に関しては本当に落ちましたね。
万年筆の場合は筆圧かけなくてもサラサラ書ける、というか筆圧かけ過ぎるとペン先を痛めるので矯正にはいいかもですw
ちなみに昔はボールペンのペン先のボールを飛ばす程度の筆圧してましたw

個人的に一番の効果は字を書くのに慣れたこと。
以前は極力PCで書いてました。3行以上のものはPCで書くものでしょ?みたいなw
ただペン字やるようになってから、そのあたりの抵抗はかなりなくなったので大抵のものは手書きで書くようになりました。幸い、漢字はペン字の練習でそれなりに書けるようになっているので(笑)そのあたりは抵抗なく。

という訳でペン字を1年間やってみてかなりの収穫があったので来年以後もこの講座を続けますが、来年に向けての課題も。
・字配りが下手。罫線に対して全体的に大きい。
・線がヘロる。清書の時は特に線が波打つw
・字を書くことありきで、見本をじっくり見ないでいきなり書き始める多い
・万年筆欲しい病が悪化する


このあたりがこれからの課題。
対処方法はこれから調査しますw

・これからパイロットペン習字講座を始める人へ
 この講座って初めてからしばらくは独特のシステム等に「?」ってなることが多いので、私が「?」って思ったこと等について
・課題をポストに投函してから、採点されて返却されるまで2〜3週間はかかります。全体的に他の通信講座と比べてゆっくり、なのでそういうものという前提でいた方がいいと思います。

・提出する課題はEFまたはFで書く。パイロットの事務局へ使う万年筆の太さについて聞いたらそのような回答をいただきました。ちなみにFM(中細)だと“太い”そうです。もちろんパイロット基準のペン先での話です。

・インクは黒またはブルーブラックで。硬筆検定や添削を考えるとその色で書いた方が字の印象としてもよい、とのこと。上記のペン先の種類についても同様の考え方。

・一部の文字が途中で字が見えなくなっているもの(「かな編」のP16“ね”など)があるが、印刷の問題ではなくそういう見本。見本通り書くことが難しい場合は実線で書いてもいいが、力を抜くことを意識してやって欲しい。

・テキスト等で分からないことがあったら、電話をすれば答えてくれる。

・通信欄は「わかくさ通信」に載るような感想を書いてもいいし、疑問等を書いても。先生からコメントがつくかつかないかは添削の先生しだいw
他は練習用紙を請求する場合等の純粋な事務局との連絡に。

・採点は先生が変わってもあんまり点数のつけ方に差はない。添削コメントは先生によって差があり。

・採点や級位認定は自体は結構シビアw


…こんなもんかな?
何かあったらツイッターの #penji タグで疑問書けば誰か答えてくれますw
あー、ツイッターなどで練習した内容とか疑問を定期的につぶやいておけば、通信講座全般の悩みである「飽きる・だれる・やる気がなくなる」の対策にはそこそこなる気がします(笑)

パイロット 万年筆インキ 70ml ブラック INK-70-B
パイロット 売り上げランキング: 5004


万年筆カスタム74 透明軸 細字(F) FKK-1MR-NCF
パイロット 売り上げランキング: 10117


ペン習字&万年筆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チトフの本棚
Ajax Amazon
RECENT COMMENTS
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    チトフ (05/12)
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    初心者 (12/17)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS