Titovの憂鬱

最近ドール沼です
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アウロラのオプティマを買いました。

遂に買ってしまいましたwww



アウロラのオプティマ、バーガンディー ニブはEFでございます。

前々から欲しい万年筆で、いずれは買うつもりでした。
予定では自分への誕生日プレゼントorペン習字5級昇級記念でした。

ただ、級はやっと8級Bですし、誕生日は12月…

…あら?

金曜日に買ったのですが、買おうと思ったのが木曜の夕方あたり。
なんか無性に欲しくなったんですよね。必要な資金は充分積み上がってましたし。

アレですよ、12月になるまではペン先をなじませる期間で誕生日頃には手に馴染んだペンになってる、ということで、…って苦しいですね(^^;;
12月頃には忘れたように誕生日プレゼント買いそうですね。

で、この万年筆ですが、私にとっては完璧とも言えるモノでした。

写真見ても分かるとおり、軸の美しさはイタリア万年筆らしい感じ。いろいろな方向からかざすと、光の当たり方によって表情が変わったりしてとても綺麗。

ペン先は海外のEFですが、本当に細いです。国産のEFといい勝負だったりします。入れているインクが違うので断言はしにくいですが、国産Fよりは確実に細い感じ。

そしてインクフローが控えめなところも好き。
私は、フローの多めなものは筆跡がぼやけ気味になってしまうのであまり好きではありません。
必要最低限のフローでサラサラ書きたい、という需要の場合だとアウロラのフローはありがたいです。
フローの多い万年筆はその独特の書き味は好きなのですが、私の好みや使い方だとチョット使いにくかったりはします。

とりあえず金曜日からペン習字用にガシガシ使ってますが、本当に実用的で使いやすいです。
ちなみにインクはペリカンの黒を入れています。
個人的にはペリカンのロイヤルブルーが好きなのですが、赤軸だとあまり合いそうにないですし、インク窓から見える色のこと考えると黒かな、と。
ペン習字だと黒かブルーブラックで提出ですしねw


ただオプティマは、書き味やフローの特徴がかなりあるのは確かなので、試し書きをじっくりした方がいい気はします。フローはつけペンだとナカナカ確認出来ませんが、書き味は分かるかと思います。
書き味は…サラサラ?シャリシャリ?表現が難しいですが、チョット他のものとは違う感じではあります。

俺は好きですけどね!!!

万年筆用ボトルインク【ロイヤルブルー】
B0018HGSLO
ペン習字&万年筆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

熟成なう



これ3,4回インクを吸引しただけなんだぜ…
はい、熟成しました(^^;;

熟成、なんて立派な単語ですが、実際のところは水分を飛ばしただけです。
このインクは1/3位水分を飛ばしたはず。

熟成するとインクの粘度が上がって色も濃くなる、と聞いて、個人的には色、粘度ともにあまり好きではないこのインクが実験台にw

パイロットのインクって本当にサラサラなので、紙によってはかなり滲むんですよね。なので筆記線がややぼやける&太めになるんですが、細字が好きな私には勘弁して欲しい性質だったり(^^;
その質がいい方向に働く場面もあるのでしょうが、私の使い方だとないので、基本厄介に思っていたり。
とにかく細い線が書きたいんです。いいインクないかしら?青とか黒で。

あと、このインクの色がもうちょっと濃い青だったらなー、というのも。
色さえ気に入れば、何とか使っていけるかな?と思ってこの手段を採りました。
(あとインクの量を減らすことで使う回数減らしたいのも。使わないからって捨てるのも何なんでw)

で、熟成した結果、色は大分いい感じに。セーラーの青に近い濃さに^^
インクは相変わらず滲みますが、粘度が上がったのか、書くときのタッチが柔らかくなったので、大分使いやすくなりましたw

ペン習字の練習用としてガンガン使って減らしてますw

他に、OMASのグレーを熟成中。これは今の状態だと色が薄すぎて使いものにならないので、濃くすることが目的。

最初から理想のインクに会えれば言うこと無しですが、外した時の救済方法(?)としてはありかと思いまする。
ペン習字&万年筆 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

無印万年筆

以前書いたDAKSラスティリア、を買ったときは正直あまり万年筆の印象はよくありませんでしたが、
コレを使うようになってハマったペンを紹介。

それが…

無印万年筆!



無印デスヨ、無印!!

スペック
全長:137mm(キャップを閉じた状態)、165mm(キャップを尻軸にさした状態)
直径:10mm
重量:21g
ニブ:ステンレス 字幅表示なし(海外のF相当?)


細め&長め。普通のボールペンと大体同じ感覚で握れるかと思います。
素材は無印ではおなじみのアルミ

ペン先は特に表示がないですが、海外のFちょい太めくらい(シュミットのやつらしい)。ペン先はコレ一種類です。

ちなみにお値段は税込で1.155円!
安い!
そのお値段を見て、ノリで買った気がします(^^;

ただ使ってみると結構良かったですよね。
若干太い線ですが、スラスラ書けるし、カリカリしない。あとはクセのある書き方してもかすれたりしない!
左払いもコレだとちゃんと出来ました(笑)
デザインも無印のはかなり好きなので、よいよいですし^^

これでストレスなく字が書けるようになって、万年筆を使おう!って気になりました。
その後、万年筆関連のHPや本読んで正しい持ち方とか勉強して、今にいたってます。
そういう意味では、この世界に引きずり込むきっかけになった業の深いペンでしょうかw

ちなみにカートリッジはヨーロッパ標準なので、ペリカンなどのカートリッジが使えます。
私はロットリングのコンバーターで使用。ペリカンも入るとの記事を見ますが、私は試したことがありませんのでなんとも…

これでもうちょっとニブが細ければ、手帳用にするのですが、さすがに太い。そこがチョット不満といえば不満でしょうか。
筆箱に突っ込んでノート用にしてましたが、ノート用でも少し太いw
今はカラーインクお試し用としての人柱(万年筆柱w)です。

これでもうちょっと線が細ければ、ボールペンから移行するときの最初の一本として、万人にオススメできるのですが。
「線太いよ?これ」って先に言うようにはしてます、人に勧めるときは。

初めて万年筆使うと、大抵「線が太い!」っていう印象持つようなので個人的にはもうちょっと細い線画書けるものを売ってほしいな、なんて勝手に思ってますw
…そうなるとハイエースになるんですが、今のヤツはチョット流石に安っぽすぎるし。

ペリカン 万年筆用コンバーター 583146000
B001ASCGJO

ペン習字&万年筆 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
チトフの本棚
Ajax Amazon
RECENT COMMENTS
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    チトフ (05/12)
  • プロフェッショナルギア インペリアルブラックがかっこいい!
    初心者 (12/17)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE
SPONSORED LINKS