Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    チトフ (01/26)
  • イタ万襲来(OMAS ボローニャ マジカ)
    picocastle (01/21)
  • 万年筆×千早
    チトフ (03/01)
  • 万年筆×千早
    太田巡査 (02/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    ミューキーズ (01/27)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    チトフ (09/28)
  • ウォーターマン メトロポリタンローラーボール×パイロットゲルインキリフィル
    lomo (09/25)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    チトフ (08/12)
  • パイロットのペンクリニックに行ってきた
    太田巡査 (08/10)
  • ウォーターマンメトロポリタン シルキーブラックCT + ジェットストリーム
    チトフ (07/21)

Recent Trackback

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.07.17 Sunday
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ペン習字&万年筆

セーラー万年筆「功修漆芸「アケボノ」 」のレビュー

セーラー万年筆の「功修漆芸「アケボノ」 」をお迎えしました。
例によって日本橋のntさんのところより

箱は桐箱で和風な感じ


なお中身


長さは約159mm(収納時)/約170mm(筆記時)
重量は24.6gと存在感の割には軽め。

軸の漆の質感がたまりません。
しっとりとした触り心地がします。

使い込んでくれば漆の赤の部分が際立ってくるのでしょうか。

なおペン先は21kとなります。

バランスはキャップが軽いこともあり、つけてもつけなくてもちょうどいいところでバランスが取れます。
私はキャップを外して筆記をしています。

値は張りますがそれに見合うだけの存在感がある万年筆です。

JUGEMテーマ:万年筆



  • 2015.10.14 Wednesday
  • 22:42

ペン習字&万年筆

デュポン「エリゼ」万年筆のレビュー

デュポンの万年筆「エリゼ」エリゼリングです。


字幅
EFでペン先は14Kです。
デュポンのEFですがフロー多めでサラサラ書ける書き味です。
パイロットのF字程度の太さでしょうか。



・バランス
総重量が61gとかなり重い万年筆です。
そしてキャップ部分が27gあるのでキャップをつけての筆記はあまり向いていないかと思います。
キャップを外しても34gなので重めな万年筆ですが、バランスはいいので自重を活かしての筆記向きでしょうか。

・デザイン等
ライターなどで定評のあるフランスのデュポンなだけに軸はとてもいいです。
ブランド名の彫り込みのかっこよさ…(*´Д`)

軸はデュポン定評の漆塗りの軸で手触りもとてもいいです。

そしてキャップは嵌合式ですが閉める時の音、感触が癖になります。パチンと小気味良い音をしながらしっかりと閉まります。
ライターで培われた技術がここにも活きています。

キャップトップのブランドロゴもカッコイイです。



デュポンといえばあまり万年筆のイメージはないですが、高級感があってとても良い製品です。

なおこの製品自体は廃盤で現在は「ラインD」がその系譜を引き継いでいるといえるのではないでしょうか。

ブランドの押し出しの強い筆記具が欲しくて重めの万年筆が大丈夫であれば、候補に入れて欲しい万年筆だと思います。










JUGEMテーマ:万年筆


  • 2015.10.14 Wednesday
  • 22:16

ペン習字&万年筆

セーラー万年筆 プロフィットレアロ クロスコンコルド購入

…表題が長いw

というわけで(!?)セーラー万年筆のプロフィットレアロを購入いたしました。
国産では珍しく吸入式でペン先はクロスコンコルドです。
日本橋高島屋さんで購入しました。

お値段ちょいお高め
¥55,000 (税込 ¥59,400)
となります。

普通のニブ搭載のレアロなら¥30,000(税込 ¥32,400)です。

この万年筆のいいところといえば吸入用量でしょうか。
セーラーのコンバーターの約2倍、1ccのインクが吸入できるとのことです。吸入楽しい♪

このメリットが活かせるのは太字、長刀研ぎやセーラーの特殊ニブなどのインクを大量に消費するニブとの組み合わせではないでしょうか。

で、私が組み合わせたのがクロスコンコルドw
メーカーの説明では、
『クロスコンコルド』は、ペン先端部を2枚重ねで前屈形状にしたペン先です。立て気味に使うとシャープに、反転させて使うと超極太字も自由自在に書ける、創造性あふれる書き味です。

となってます。

でニブの写真…


ニブの上に更になんか乗ってます(^^;

横から見るとペンポイントのごっつさが更に際立った結果に。


筆記見本

確かに表で書くと細字。
で、裏が超極太。ぬらぬらw
滑るような感覚でペンを走らせることが出来ます。裏ですが。

なお表というか通常使用時の書き味ですが、ガッチガチですw
セーラーの21kペン先であれば独特の柔らかさを感じるものがありますが、クロスコンコルドに関してはニブの作りからか弾力は感じません。ゴツゴツに近いかも?

そして実際の使い心地ですが
「うん、普通w」
という感じです。
表が通常のガチ系の細字でガシガシ書くのに向いているかと思います。特に他の細字と違う印象はありません。

裏…うん使わないw
使うとしたらアンダーラインを引く用途があるようですが、私はあまり引かないタイプなので専ら打ち消し線として使っています。あとは太字の書き心地が知りたい時や落書き。オフ会などの時のオチ担当でしょうかw

私は太字を基本的に持っていないので貴重な存在ではあります。

セーラーの特殊ペン先としては実用的な方かとは思うので試してみるのもいいかと思います。






JUGEMテーマ:万年筆


  • 2015.06.17 Wednesday
  • 23:39